基本理念、保育目標

社会福祉法人登豊会 うれしの保育園 基本理念

施設の目的

幼児期における教育は、生涯にわたる人間形成の基礎を培うために、とても大切な時期です。うれしの保育園は、家庭や地域社会との連携を図りながら、養護及び教育の環境を整え、子どもの育ちと保護者の子育てを支えます。

保育・教育目標

ひとりひとりの思いを大切にうけとめ、情緒の安定した生活ができる様にきめ細やかな保育を実践します。
また、家庭的な雰囲気の中で、温かい保育をします。

副理事長あいさつ

毎日、ワクワクドキドキ!
「保育園だ〜いすき」と子ども達が通ってくれる保育園です。
今日も元気いっぱい、熱意ある先生と子ども達の笑顔が満開です。

chako先生

園長あいさつ

大切なお子様の第一歩となる保育園生活は、これからの人生の基礎作りをする場とも言えます。保育園という集団の中で、保育士や異年齢の友だちと出会い、様々な人との関わり方を学んでいきます。一緒に遊ぶことのおもしろさや、力を合わせて頑張ることの大切さ。時にはけんかをしたり我慢したりすることもありますが、そんな体験が社会へ出た時に大きな力となります。
うれしの保育園では、一人一人の気持ちや育ちに寄り添いながら、いろいろな関わりや体験をする中で、自信や意欲を育て『生きる力』を育んでいきます。また保護者の皆様の子育てを支え、地域に根付き、皆様から愛される保育園を目指します。       園長 萩野道世

遊びから学ぶ生活

どろんこ遊びや、鬼ごっこ、コマ回しなど古くから伝わる伝承遊びも取り入れながら、友だちとの関わり方を覚えていきます。夢中になって遊ぶ体験を通し豊かな心を育てます。

情緒豊かな生活

絵本やリズム遊び、絵画、劇遊びなどを通し、表現することの面白さ、想像することの楽しさを感じることの出来る保育を大切にします。豊かな表現がおおらかな広い心を育てます。