うれしのブログ

2022年8月23日泥んこ遊び楽しかったね!

タライから水を汲み出したり、ホースの水を浴びたりする中で園庭に水たまりが出来ると、手足を入れたり座ったりし、水や泥の感触を味わっていた年少児。
ダイナミックに遊ぶ子、少しずつ泥に慣れていく子など、それぞれのペースで楽しみました。
泥んこ遊びを楽しむ中で、「温泉」「ままごとごっこ」「魚釣り」など、イメージを膨らませて色々なものに見立てたりする姿が見られ、子ども達の感性の豊かさを感じました。
そんな姿を見て「泥」をまた違った方法で楽しめないかなと思い、次の活動では段ボールを用意し「泥を塗る」という遊びをしてみました。
「物(段ボール)」に「泥を塗る」という作業に始めは不思議そうに先生のお話を聞いていましたが、いざやってみると段ボールの溝に泥が埋まっていく感覚が面白く、スコップや手足をコテ代わりにしながら塗る姿はまるで職人さんみたいでした! 
段ボールを立てて家の壁に見立てたところは、年少児だけでは埋めきれなかったので続きを年長児の力を借り、りっぱな家が完成させることが出来ました。 
五感を刺激しながら、友達と開放的に遊ぶことが出来て楽しかったです!