うれしのブログ

2018年2月2日節分の日~鬼は外!福はうち!~ 

2月3日は節分の日。
朝から「今日は鬼が来るよね?」となんだかソワソワ・ドキドキした様子の子ども達。
昔の日本では1年の始まりは春からと考えられ、節分の日は今で言う大晦日みたいな日。
新しい年を迎える前に、悪いこと(病気や事故、災害)を追い払う風習が豆まきとして、今に伝わっています。
昔の人は、病気や災害などの悪いことは全部鬼の仕業と考え、悪いことをする鬼を退治するために、鬼の怖がるイワシや柊を飾ったり、炒った豆をまいて鬼を追い払いました。

先生から節分についてお話を聞きました♪
鬼の苦手な物は・・・?
「イワシの頭とヒイラギの葉っぱ!」
由来がわかると面白いですね。

作ったお面を見せ合ったりして、お話を聞いていると・・・
鬼が登場!!

ビックリして泣きだしてしまう子もいましたが、大丈夫だよ。

新聞で作ったお豆を投げて、「鬼はーそと!福はーうち」
そしてお福さんも現れて、鬼は退散です。

そして未満児ぱんだ組さんも豆まきをしました。
赤鬼と青鬼が出現!!

みんなで鬼のお面をつけてパワーアップ。
鬼なんか怖くないよ!!

最後に豆を食べて、体の中も鬼退治。
これで悪い鬼は、いなくなりました。
みんな健康でありますように・・・。