うれしのブログ

2018年8月10日涼しく遊ぼう

日常の生活の中で、ふっと気づくと意外に面白いなって思うことありますね。
年長さんは、今までの体験をもとに自分たちで遊びを工夫することがたくさんあります。
「楽しいな」「面白いな」と感じることから、子ども達の遊びは広がり続いていきますね。

夏の遊びの定番どろんこ遊び。
今年の夏は暑すぎて、なかなか外に出られないけれど、少しでも涼しい日には外で思いっきり遊びたい!!

水と砂をいっぱい使って・・・。
「わーどろどろになったよ」
泥の冷たさや感触が気持ちいい!

また室内では自分で作ったうちわで風船をポンポン♪
相手のチームにたくさん入れたチームが勝ち!

そして足の感触遊びも楽しみました。
「毛糸のふわふわが気持ちいい♪」

ペットボトルの蓋を並べて足で踏んでみると 「ぎゃー!!いたーい!」
やわらかい物、硬い物、手で触った時、足で踏んだ時・・・・
感触の違いを体を通して感じています。

お部屋でおはじきゲーム♪
キラキラのおはじきを手にしたら「きれーい!」
透明感の美しさを感じた時の喜び。
子ども達の見る目、感じる心が育っています。